シルデナフィル成分とは

シルデナフィル(sildenafil)成分は、男性のED(勃起不全)や肺動脈性高血圧症に使用されている成分です。

シルデナフィル成分を使用したED治療薬の先発としては、大手製薬会社のファイザー社が「バイアグラ」という名称にて販売しています。

この成分には、先発薬ならではの特許がありましたが、現在では、特許期間も終了していろんな製薬会社から後発医薬品(ジェネリック)が販売されています。

ただ、バイアグラとしての成分に対しての特許は終了してジェネリック医薬品が多く販売されていますが、日本での入手には、原則、医師の処方箋が必要となっています。

ですので、最近では、日本での処方ではなく、海外からバイアグラの正規品やジェネリック医薬品を薬事法に違反しない量で個人輸入する方も増えています。

シルデナフィル成分の歴史

シルデナフィル成分

シルデナフィル成分は、1990年代に狭心症の開発を目的として研究が進められていました。

ですが、第一の試験にて、狭心症に関しての治療効果があまり期待できずに、試験の中止となってしまいます。

その時、中止を決めたのにもかかわらず被験者が余った試験薬を返却するのを渋ります。。。

これに関して理由を聞いてみたところ、多少ではありますが、陰茎の勃起を促進する作用が認められ、後に適応症として販売される事になったのです。

もともとは、狭心症の為に開発が進んでいたシルデナフィル成分が今ではED治療薬として絶大な地位を手にいれているのですから、不思議なものですね♪

副作用と気を付けるべきポイント

シルデナフィル副作用

シルデナフィル成分に関しては、バイアグラの名称で販売されていてED治療薬としても絶大な人気を得ています。

しかし、その一方で気を付けるべき注意点などもありますので、少し紹介させていただきます!

ファイザー社はシルデナフィル成分を使用した薬に関して、医師や薬剤師に禁忌情報の提供と錠剤パッケージ裏に「ニトログリセリン」等の硝酸塩系薬剤との併用ができないまでを記載しています。

その理由としては、ニトログリセリンを含む医薬品と併用することによって、血圧の急激な増減もあり、重度の副作用や体調悪化の恐れが考えられるからです。

また、突発性難聴になる恐れもあることから、ファイザー社を含む、イーライリリー社、バイエル社などにも、それらのリスクを記載するように求めているようです。

管理人コメント

こんにちは。

当サイトでは、人気のバイアグラについてまとめています。 周りの人には相談しづらいED(勃起不全・絶頂不全)の悩みを解決できるように当サイトの情報が力になればと思っていますので、ぜひご覧ください。

医薬品特集

  • 男性用バイアグラ
  • 女性用バイアグラ
  • その他のED治療薬

このページの先頭へ